霧島旅するアカデミー2018

霧島旅するアカデミーとは?

霧島旅するアカデミーとは、これから地域づくりに取り組みたい方を対象にした地域づくりの実践塾です。市内の温泉郷や名所・史跡などを有名講師と巡りながら地域資源を「発見」、「共有」し、「価値に変える(ビジネスをつくる)」プロセスを学びます。講座は平成30年11月〜平成31年1月まで全5回開催し、最終回は市長や市民に向けたプレゼンテーション(ビジネスコンペティション「霧島はじまるコンペティション」に参加)を行います。

学ぶ
全国で活躍する講師をゲストに、情報発 信、販路開拓、ブランディングが学べて、 すぐに現場で活用できる超実践型の講座 です。「教わる」のではなく、講座を通 じて「体得」します。
遊ぶ
1泊2日の温泉合宿&霧島の名所・史跡や地元起業家を巡るフィールドワークを行います。徹底した現場主義で地域に飛び出し、霧島の魅力を探ります。また、非日常の環境に身を置くことで、チームとの結束力を高めるとともに、ビジョンやミッションを発見します。
創る
講座を通じて身につけたスキルで、市民に向けて、最終プレゼンテーションを行います。当日は霧島市長も参加予定! 入賞者は、霧島市をあげてプランの実施をサポートします。

〈第1講〉2018/11/4(日)13:30〜17:00

齋藤 潤一氏|地域プロデューサー

慶應義塾大学(非常勤講師) / 経営学修士(MBA) / スタンフォード大学在学中

1979年大阪府出身。米国シリコンバレーのITベンチャーで、ブランディング・マーケティング責任者を務め、帰国後に起業。震災を機に「ビジネスで持続可能な地域づくり」を使命に活動開始。ガイアの夜明け・NHK・日経新聞等に出演・掲載。

〈第2講〉11/23(金)13:30〜24(土)15:00

温泉合宿&フィールドワーク(1泊2日)

1日目は、霧島の名所・史跡を巡り、徹底した現場主義で地域の魅力や課題を体感します。2日目は、地元起業家で出産祝いの専門店「ココレカ」や食育をテーマにした保育園「ひより保育園(霧島市)」、「そらのまちほいくえん(鹿児島市)」を手がける古川 理沙氏のセミナーやビジネスプランを考えるワークショップを行います。

〈第3講〉12/8(土)13:30〜17:00

はあちゅう氏|ブロガー/作家

「ネット時代の新たな作家」をスローガンに読者と直接つながって言葉を届ける未来の作家の形を摸索中。著作に「とにかくウツなOLの、人生を変える1か月 」、「半径5メートルの野望」、「通りすがりのあなた」など。月額課金制マガジン「月刊はあちゅう」が好評。インスタグラム・ツイッター:@ha_chu

〈第4講〉12/22(土)13:30〜17:00

岩佐 十良氏|株式会社自遊人 代表取締役

1967 年東京都生まれ。武蔵野美術大学在学中の 1989 年にデザイン会社を創業し、 のちに編集者に転身。2000 年、雑誌『自遊人』を創刊。2004 年、拠点を東京から新潟・ 南魚沼に移転。2014 年、新潟県大沢山温泉に開業した「里山十帖」では、空間から 食まで全てをディレクション。グッドデザイン賞 BEST100 に選出される。2016 年 よりグッドデザイン賞審査委員を務める。2018 年に開業した宿泊施設、「商店街 HOTEL 講 大津百町、「箱根本箱」では、それぞれ企画ディレクション及び運営を担う。

〈第5講〉1/12(土)13:30〜17:00

村岡 浩司氏|有限会社一平(九州パンケーキ)代表取締役 / MUKASA-HUB(ムカサハブ)代表

宮崎大宮高校卒業後、米国(COLORADO MESA UNIVERSITY/コロラド州)に留学。
多数の飲食店店舗を経営する一方、様々な地域貢献活動(まちづくり)、食を通じたコミュニティ活動にも取り組んでいる。地産プロダクト「九州パンケーキ」は、アジア全域でのグローバルブランドとしての展開を目指し奮闘中。『第1回地場もん国民大賞』金賞/『九州未来アワード』大賞/『料理マスターブランド』/ EOY 2017 Japan九州地区予選ファイナリスト
メディア出演:カンブリア宮殿、夢職人、日経プラス10、日経ビジネス他多数/ローカルイノベーター55選、日本を元気にする88人(フォーブスJAPAN)に選出 著書に「九州バカ 世界とつながる地元創生起業論(発行=文屋 発売=サンクチュアリ出版)」

九州パンケーキ http://www.kyushu-pancake.jp
MUKASA-HUB http://mukasahub.com

講座のお申込みはこちら >>>  【申込締切:2018年10月26日(金)】