【2/1開催】まちづくりシミュレーションゲーム「ぼくらが市長」

【2/1開催】まちづくりシミュレーションゲーム「ぼくらが市長」

霧島市の架空地区を舞台に、まちの様々な数字(データ)を用いながら、地域の10年後、20年後の姿をゲーム感覚で考えるワークショップを開催します。

 

地区の小学校を維持することは本当に可能なのか?

そもそも何人の人が住んでくれたら、地域は小学校が維持できるくらいの集落で居続けることができるのか?

限られた資源の中で、発展を目指すというより、いまの地域を充実させていくための方法は?

 

などなど、自分たちの地域が当たり前のように人口が減っていくなかで、机上の空論ではなく現実的なまちの数字を用いながら経営視点で考えます。

そして、10年後、20年後ぼくらのまちをどうしたいのか?

 

データや数字を用いながら議論することは、決して楽観的なことばかりではないかもしれませんが、高齢化率50%を超える中山間地域で、行政頼みにならないように、限られたお金の中で、いかに工夫しながら地域を存続させるのかを、ゲーム感覚で楽しく考えることができます。

 

地域づくりがはじめてな方でも、楽しく遊びながら学べる内容となっておりますので、ぜひご参加ください!!

 

【まちづくりシミュレーションゲームとは?】
霧島市の架空地区を舞台に、未来の自治体・地域経営をゲーム感覚で楽しみながら考えることができるゲーム型ワークショップです。
今後起こりうる地域の課題をシミュレーションし、地域の予算づくりなどを通して、地域の未来を対話によって選択していきます。楽しく学べる内容となっていますので、ぜひご参加ください!

 

チラシはこちら

 

日 時平成31年2月1日(金)14:00〜17:00
(13:30開場)
会 場霧島市国分公民館 2階 大会議室(霧島市国分中央3-45-1)
定 員20名
※定員を超えた場合は、霧島市内にお住まいの方、通勤・通学の方を優先させていただきます。
対 象・地域づくりに関心のある方
・中山間地域を盛り上げたい方
・行政の仕組みを学びたい方
・なんとなく気になる方
参加費無料
主催霧島市
運営株式会社地域科学研究所
鹿児島移住計画

 

 

2/1・まちづくりシミュレーションゲーム「ぼくらが市長」|参加申込みフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

その他

 

送信完了

ライター紹介

Pagetop