【みんなの移住ドラフト会議レポート】移住ドラフト会議にみる、これからの地方との関わり方。

【みんなの移住ドラフト会議レポート】移住ドラフト会議にみる、これからの地方との関わり方。

こちらの記事は、福岡移住計画の窪田さんのレポートを転載しています。窪田さん、丁寧なレポートをありがとうございます。

 

移住に対する違和感

 

「移住って何なんだ?」

 

地方創生の名の下に移住ブームに拍車がかかった昨今。それ以前から私たちも「◯◯移住計画」として活動していますが、いまの「移住ブーム」には若干の違和感を覚えている。

 

東京ではこの手のイベントが乱発、すでに飽和状態にある。

“自然が豊かで”“食べ物が美味しくて”“人が優しくて”“物価が安くて”といった決まり文句のような、どの地域も代わり映えしないPR。

 

これらは事実メリットであると同時に、東京と比べるとどの地域も大体同じことが言える。さらに、どこか表面的でこれから移住したい人の真を捉えていない気もする。

 

また、背景に見えるのは“人口の奪い合い要素”と、変に“地元住民<移住者という構図”が生まれていること。

 

これらの部分にずっと違和感があった。

Read More

【メディア掲載】ウィズニュース

【メディア掲載】ウィズニュース

みんなの移住ドラフト会議2017 オールスターゲーム」について、ウィズニュースさんに深掘り取材していただきました!

しかも、Yahoo!ニュースにまで転載されるというおまけ付き!!

 

なぜ移住ドラフト会議がはじまったのか、鹿児島から全国開催までの道のりなど、とても分かり易く記事にしてくれていますので、ぜひご笑覧ください。

 

そして、10/21までみんなの移住ドラフト会議のエントリーも募集しておりますので、少しでも気になったら方はエントリーお願いします!!

これまで2回開催して、多くの方に私もエントリーすればよかったと言っていただいているので、エントリーするときっと人生をちょっと豊かにする「何か」が起こるかもしれません。笑

みんなの移住ドラフト会議のエントリーはこちら

Read More

\みんなの移住計画Interview/新潟移住計画ってどんなとこ?

\みんなの移住計画Interview/新潟移住計画ってどんなとこ?

「生きたい場所で生きる人の旗印へ」

京都からはじまり全国に広がる移住計画。地域に歴史や文化があって多様なように、各地の移住計画もまさに十人十色。

そんな特色ある各地の移住計画をご紹介していきます。

第1段は新潟移住計画の代表のさっちゃんこと松岡 沙知(まつおか・さち)さんです。

Read More

Pagetop